びかくしだとくらす日々。

ビカクシダ初心者の、ビカクシダ初心者による、ビカクシダ初心者のためのビカクシダの記録。

#554 生長の記録〜姫厳龍#4【1】〜

はようございます♪

ちばです^ - ^

 

お迎えの頃との比較

葉の様子

長点付近の葉が,かなり短くなり,引き締まってきたように感じたので,ここいらでご紹介。

まず現在の様子

f:id:MFeuille:20220514013110j:image

f:id:MFeuille:20220514013217j:imageAgave titanota ‘姫厳龍’ #4 2022/05/13

お迎えの頃の様子

f:id:MFeuille:20220514015806j:image
f:id:MFeuille:20220514015803j:image

どうでしょうか。

生長点付近の3枚ほどの葉を見ていただくと,段々と短葉になってきているのがお分かりいただけると思います

将来の姿が見えてきたような気がします。

備忘録

在(5/14)までの経過環境を整理しておきます。

まずはこれまでの経過

  • 1/14 お迎え
  • 2/20 発根処理開始
  • 2/24 発根
  • 2/26 現在の鉢に植替え

ちょうど4ヶ月間の記録ですね。

次に環境

  • 土▶︎赤玉:軽石=1:1 + ゴールデン培養土少し
  • 肥料▶︎マグァンプK中粒適量
  • 光▶︎Sinjialight 直下10㎝未満(1灯3株照射)
  • f:id:MFeuille:20220514165312j:image
  • その他▶︎木炭少々

再現性を高めるために,そんなにややこしくない育て方をしているつもりですが,これが正解なのかどうかは分かりません。

ただ,ハズレではないように思っています。

#552 生長の記録〜ピンクバット#2【2】〜

はようございます♪

ちばです^ - ^

 

こんにちは。

分,この子が登場するのは10月以来。

サンセベリア・ハリー・ピンクバット#2くんです。

(前回登場記事)

このときは,新芽が出たよ〜という記事でした。

今回は,子株が出たよ〜と言う記事になります。

f:id:MFeuille:20220514013956j:image
f:id:MFeuille:20220514013953j:imageSansevieria hallii ‘Pink Bat’ #2 2022/05/13

まだまだ顔を出したばかりで,上の写真でも探さないと分からないかもしれませんが,よくこの狭い鉢で子株を出してくれたなあと思います。

実は,横の親からは,新芽(新葉)も出てきています。

#551 ドゥルイドのこれ。

はようございます♪

ちばです^ - ^

 

これってあれですよね。

し前まできれいなオレンジ色をしていたドゥルイドくんも,今ではその色も薄まり,すっかり見た目はただのイオナンタになってしまいました。

f:id:MFeuille:20220513055313j:imageT.Ionantha ‘Druid’ 2022/05/13

ところで。

この写真にも写っているのですが,「なかなか出てこないなあ」と思っていたものが,出てきました。

f:id:MFeuille:20220513063405j:image

この◯印のところに見えるもの。

子株です。

 

私,チランジアのクランプが大好きでして…。

数年後には大クランプにしてみたいと思います。

 

 

 

#550 今日のキヨヒメ。

はようございます♪

ちばです^ - ^

 

施肥

らく,初めて,キヨヒメさんに,施肥を行いました。

特に何かしたかったのではなく,INDOOR HOBBIESのフルキさんの動画を見て,「自分もやってみよう」と思ったに過ぎません

 

さて,そんなキヨヒメさんの最近の様子がこちら。

f:id:MFeuille:20220521123831j:image
f:id:MFeuille:20220521123828j:imageP.Kiyohime 2022/05/21

水苔が大きくなると,やっぱり,葉は伸びますね。

 

施肥の効果は…

全く分かりません。

そりゃまあそうでしょう。そんなにすぐ効果が出てたまるもんですか。

 

#549 生長の記録〜スプーンリーフ【1】〜

はようございます♪

ちばです^ - ^

 

植替ついでに根の確認

サンセの不思議

ンセベリアって,なぜこんなにも,それぞれ形が違うのでしょうか。

今回は,フルキさんにいただいた,サンセベリア・スプーンリーフを植え替えたという記事になります。

Let's植替え

号サイズのスリット鉢に植えられていたスプーンリーフさん。

なんだか調子が上がっていていたので,別の鉢に移すことに。(と言っても同じ2号鉢。)

まずは根をチェック。

f:id:MFeuille:20220509051825j:image

これだけ太い根が伸びてりゃ,そりゃ調子も上がりますね。

葉も,張り張りです。
f:id:MFeuille:20220509051831j:imageSansevieria Concinna ‘Spoon Leaf’ 2022/05/07

今回はこの鉢に植えました。

f:id:MFeuille:20220509051828j:image

め…めちゃくちゃかわいい。

昨日,記事にしたブラックボンセたちと一緒に,今は玄関に,こんな感じで置いています。

f:id:MFeuille:20220510005128j:image

D.Arizona & S.Pinguicula & S.hyb.‘Black Bonce’ & S.Concinna ‘Spoon Leaf’ 

#548 生長の記録〜ブラックボンセJr.【1】〜

はようございます♪

ちばです^ - ^

 

ここにも新芽。

ラックボンセのJr.については,あまりこれまで触れてはきませんでした。

あまりにも動きがなかったからです。

ただ,この春,少しだけ動きを見せ始めましたので,記事に残しておきます。

f:id:MFeuille:20220507170209j:imageSansevieria hyb. ‘Black Bonce’ 2022/05/07

鉢が可愛くなったということではありません。

f:id:MFeuille:20220507170604j:image

真ん中あたりに,ち〜っちゃな先端が顔を出しているでしょ?

これ,新芽です。

 

なにせ,生長の遅いサンセベリアたち。

矮性のサンセベリアなので,遅いのは承知の上なのですが,それにしても遅いです。

それでも,ここまで生長してくれるので,育て甲斐のある植物だと,私は思っています。

#547 ザミオクルカスの新芽

はようございます♪

ちばです^ - ^

 

お初にお目にかかります。

多分,初登場です。

年の8月7日にお迎えしていたザミオクルカスくん。

なぜ,これまで登場してこなかったのか──。

それとも,登場させたのに,私が忘れているだけなのか──。

いずれにせよ,当ブログ内を「ザミオクルカス」で検索しても,何もヒットしません。

1本だけのBONSAIザミオ

て,そのザミオクルカスくんですが,昨年も今年も,職場に置いています。

見た目は,とてもシンプルで,1本だけの葉茎が伸び,塊根部が土からはみ出ている草姿。

山拓巳さんがYouTubeで紹介してくださっていたアロイドBONSAIとリンクするところがあります。

 

「なかなかおしゃれじゃん。」

 

そんな軽い気持ちでお迎えしたのですが…

なかなか生長する様子を見ることができていませんでした。(ずっと目が届くところではない場所で植物を育てることは,本当に難しいです。)

そんな折,塊根部分に突起物があることにふと気が付きました。

f:id:MFeuille:20220506231048j:image

f:id:MFeuille:20220513233416j:image
f:id:MFeuille:20220506231052j:imageZamioculcas zamiifolia 2022/05/06

これは待望の新芽ですね❗️

昨年の夏から,ほとんど変化がなかったので,安心しました…。😌